cafeくじらぐも「初夏の森展」 2013年7月6日

古民家カフェ「くじらぐも」

「くじらぐも」は、韮崎から車で15分ぐらい、少し山の上にあります。
古民家を改造したというカフェでは、無農薬野菜をふんだんに使ったくじらぐも特製のランチと、手づくりのおいしいケーキが食べられます。
ハンモックや竹のベンチがある庭をつっきって奥に行くと、4匹のヤギが出迎えてくれました。
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示

展示のようす

甲陽書房の石ちゃんがきれいに展示してくれて、カフェの中は絵本の世界。
どこか懐かしい落ち着いた雰囲気の店内に、絵本の原画が違和感なく混ざり合って、すてきな空間になりました。
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示

絵本の読み聞かせ

七夕の絵本やヤギの絵本を中心に、店内で読み聞かせをしました。
この日が読み聞かせデビューのメンバーは、少し緊張気味に心をこめて読みました。お店にいたお客さんたちは真剣に耳を傾けてくれて、「よかった」との感想も。感謝です!!
なんといっても、StuDioえ・ほ・ん事務局長の「ゆうだち」(あきびんご作)は、歌あり語りありのど迫力。その場にいた誰もが、絵本の中にすっぽりと引き込まれていきました。
くじらぐもでえほん展示 くじらぐもでえほん展示
夕立のあとは、自家製のハーブティをいただきながら、まったりとした時間を過ごしました。
この日は、年に一度の星祭り前夜。それぞれの願い事を五色の短冊にたくし、ホタルの舞に酔いしれながら、古民家カフェの夜が更けていったのでした。
みなさんの思いが天の星に届きますように。

くじらぐものや~さん、ひめさん、甲陽書房の石ちゃん、どうもありがとうございました。